HOME > 移植について > 移植後について
移植後について After  transplant

付着の非獲得、喪失

歯根吸収

歯根吸収のイメージ
a. 置換性吸収

歯根膜の大きな損傷により、歯根膜を介さず骨組織と移植歯の歯根が接すると、骨組織のリモデリングにより、歯根が骨組織に置換されます。吸収の速度は年齢に左右されます。

b. 炎症性吸収

歯根膜のない部位で破骨細胞によりセメント質が吸収を受けると、象牙細管が露出します。露出した象牙細管を経由して、歯髄腔より細菌および細菌の代謝産物が放出され炎症が惹起されます。
破骨細胞は生体の防御機構の一員として毛細血管から供給され、骨のみならず歯根を吸収します。
吸収窩は毛細血管が豊富な炎症性肉芽で置き換えられていきます。根管処置により、炎症性吸収は終息します。 吸収窩が歯根膜由来の細胞により修復されると、新付着による治癒が起こります。

c.表面性吸収

セメント質あるいは象牙質の表層に限局したもので、一旦生じた吸収窩が歯根膜により修復されている状態です。部分的な歯根膜の損傷が原因で生じます。

いずれの吸収が起こるかは、歯根膜の損傷の大きさと歯髄感染の有無によります。

移植歯の予後

新着情報

一覧を見る

2016/03/31

<お知らせ>
H28年4月1日より厚生労働省による診療報酬の大幅な改定が実施されます。
従来の保険点数が少なからず変更され、新しく導入された治療もございます。
3月までと診療内容が同じ場合でも窓口でのお支払いいただく金額が異なる場合がございますのでご了承下さい。

大きな地図で見る

〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA5F
リッツカールトンホテル横

詳しいアクセスはこちら

お問い合わせ