HOME > 根管治療
根管治療について Root canal

歯の内部のつくり

歯の内部のつくりのイメージ

根管治療とは

「歯の神経を取ります」「根の中のお掃除が必要です」など、いままで歯医者さんで言われたことはありませんか?まさしくそれが根管治療です。
根管治療をおこなう具体的な目的には以下の3つがあげられます。

・虫歯が進行して痛んだ歯髄(神経)を除去し、痛みを除く・根の先にできた病変(膿)を治す・将来、その歯に問題が出ない健康な状態を作り維持する

病変があると
普段は細菌の攻撃力よりも体の抵抗力が勝っているため何も感じないことが多いですが、体の抵抗力が低下した時などに、「うずく」「噛んだときに痛む」というような症状が出ることがあり、最悪の場合、抜歯となります。
そういった事態を避けるため、歯髄を除去する際には将来的に病変ができないように、病変ができてしまっている歯であればその病変を治すために、丁寧な根管治療をしなければなりません。
ではまず、この病変がどのようにしてできるかを次のページで解説いたします。

根の先の病気(根尖病変)の成り立ち

根の先の病気(根尖病変)の成り立ちのイメージ
根の先の病気(根尖病変)の成り立ちのイメージ
根尖病変の原因は、根管内の細菌です。根管治療は細菌とのたたかいです。

根管治療の目標

根管治療の目的を達成するための治療の目標は

  1. 治療中、根管内に新たに細菌を入れない
  2. 細菌のエサとなる歯髄組織を除去する
  3. 病変の原因となる根管内の細菌やその毒素を除去する
  4. 再び細菌感染・増殖が起きないように根管内を隙間なく詰める

根管治療の重要性と問題点

根管治療の重要性と問題点のイメージ
重要性

たとえば、豪華な建物でも土台がしっかりしていなければ、その建物はいずれ倒壊してしまいます。同様に、高価できれいなセラミックの歯を入れても、根管治療が不十分で病変ができると、せっかく入れた歯を外して再治療が必要となり、最悪の場合、歯を抜かなければならない事もあります。
このように、根管治療は歯科治療の基礎工事といえます。言い換えれば、根管治療はその歯の寿命を決定付けるほど重要な治療であるといえます。

根管治療の重要性と問題点のイメージ
問題点

根管治療は目に見えない非常に細い根管内で行う、非常に繊細な治療です。その根管の形・数は歯によっても患者様によってもさまざまです。とくに曲がっている根管や細い根管は器具が根尖孔まで届きにくく、注意を怠れば予期せぬトラブルを招くこともあります。一般的に、他の歯科治療よりもうまく行うには難易度が高い治療です。
(アメリカの専門医での成功率は初回治療で約90%、再治療で約70%)

非常に高度な技術が要求され時間のかかる治療であるにもかかわらず、わが国での現在の健康保険制度は根管治療に対する評価が低すぎるため、思うように時間をかけることができないという現状があります。
奥歯の治療を例に挙げますと、保険制度のないアメリカでの診療報酬は約15万円ですが、われわれの健康保険制度での診療報酬は1万円にも満たないくらいです。一概には言えませんが、どちらが質の高い治療を受けられるでしょうか?

根管治療の重要性と問題点のイメージ

この2つの理由により、わが国では根管治療が軽視される傾向にあります。事実、他医院での不十分な根管治療のために病変ができ、再治療が必要となったケースに多く遭遇いたします。しかしアメリカの専門医でも根尖病変のある歯に対して行う再治療の成功率は約70%であるという報告がありますので、まず最初に受ける根管治療を失敗しない事が非常に重要です。

根管治療の専門医による治療を受けましょう!

新着情報

一覧を見る

2016/03/31

<お知らせ>
H28年4月1日より厚生労働省による診療報酬の大幅な改定が実施されます。
従来の保険点数が少なからず変更され、新しく導入された治療もございます。
3月までと診療内容が同じ場合でも窓口でのお支払いいただく金額が異なる場合がございますのでご了承下さい。

大きな地図で見る

〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA5F
リッツカールトンホテル横

詳しいアクセスはこちら

お問い合わせ