抜けた歯の保存方法

抜けた歯の保存方法

歯根膜は乾燥に弱く、18分乾燥した状態にあると死んでしまうといわれています。歯が抜けてしまったら、乾燥させないように下記のいずれかに保存してください。そして、できるだけ早く歯科を受診してください。

牛乳 

抜けた歯の歯根膜を生かしておくのに最適な身近な保存液です。牛乳は約6時間歯根膜を生かしておくことができます。

 

ネオ 

ネオ製薬から出ているティースキーパーで、最も良い保存液です。24時間歯根膜を生かしておくことができます。

※学校関係者の方
日本医療器、三和製作所、ヤガミなど学校備品取扱業者にお問い合わせください

 

口腔内 

適切な保存液が身近にない場合、口の中(唾液中)で保存していただいた方が、乾燥させるより歯根膜が残る可能性が高くなります。
水道水では、歯根膜が生き残るのは1時間が限度とされ、2時間経つと死んでしまいます。

ネオ製薬から出ているティースキーパーで、最も良い保存液です。
24時間歯根膜を生かしておくことができます。

ネット通販でお買い求めください。

脱落歯の治療

事故で歯が抜けてしまったら、抜けた歯を保存液中に入れてなるべく早く歯科にいらしてください。
脱落した歯は通常、お口の中で元の位置に戻して固定します。
受診までの時間が短く、歯根膜が生きていれば、歯は元の状態に戻ります。
その後、神経の状態を確認し、必要があれば根の治療を行います。

外傷を受けたら

  • 早期の歯科受診
    早ければ早いほど歯や、歯の神経を残せる可能性が高くなります。特に脱離では2時間を境に成功率が大きく変化するとされています。
  • 脱離歯の適切な保存
    抜けた歯は、乾燥すると歯と骨を繋ぐ歯根膜が損傷され再植の成功率が低下します。受傷後速やかに牛乳や、歯の保存液中に歯を保存することが重要です。これらが手に入らない状態であれば、お口の中に歯を保存して受診してください。
  • 経過観察
    強い衝撃を受けた歯は、一見何もなくとも様子を見ていく必要があります。また、処置後も神経の状態などを継続的に見て、確認していきます。

もし、顔を打った!口を怪我した!ということでしたら、すぐに当院を受診してください。
              歯を打った
         歯が欠けた
         歯が折れた
         歯がぐらつく
         歯が抜けた

最初の行動で、一生が変わります。このような事態が発生しましたら、すぐにお電話ください。

根管治療・歯牙移植専門サイト 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック 〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA5F リッツカールトンホテル横 月~土9:30~20:00 休診日 日曜・祝日 TEL 06-6343-7586 電話受付時間 9:30~19:00 メールでのお問い合わせはこちら根管治療・歯牙移植専門サイト 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック 〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA5F リッツカールトンホテル横 月~土9:30~20:00 休診日 日曜・祝日 TEL 06-6343-7586 電話受付時間 9:30~19:00 メールでのお問い合わせはこちら